エイジングケアの方法

そもそも「エイジングケア(Aging Care)」という言葉の意味はなんでしょうか。これは和製英語で、「年齢に合わせたお肌のお手入れ」を意味します。

私たちのお肌は、様々な原因によって年齢とともに変化し、衰えていくもの。これを「エイジングサイン」と呼び、具体的にはシワ・シミ・たるみ・毛穴の開き・くすみ・乾燥…などが挙げられます。

エイジングケアとは、こういった加齢による変化をふまえてお肌の手入れをする「年齢に応じた化粧品等によるケア」を指す言葉です。

具体的なエイジングケア方法は、肌によい食生活、運動、睡眠、タバコ・アルコールは控えることという基本的なことはもちろん、シミ対策や乾燥、シワ、たるみ対策も欠かせません。

エイジングケアに必要な成分とは、セラミド(肌に潤いを与え、かさつきを修復)、ヒアルロン酸(水分とバリア機能をアップ)、コラーゲン(肌に弾力を与えみずみずしさを保つ)、ビタミンC誘導体(抗酸化やコラーゲンの増加に役立つ)、レチノール(ターンオーバーの促進でお肌を再生)というような成分が入った化粧水、乳液または保湿クリームなどでケアすることが大切です。

エイジングケアには、何といっても保湿が肝心。保湿とは、水分を与え、保持し、蒸散を防ぐことです。このプロセスをしっかり行うことがバリア機能を高めることにつながります。

しかし、お肌はお1人おひとりで肌質も違えば、年齢や季節によっても肌状態も変わります。だから、実践面では正しいバランスを見つけるのは難しいのが正直なところです。

また、乾燥を防ぐ食べ物というものもあります。乾燥肌の予防や改善のために、積極的に摂りたいのが、ビタミンA、B、C、Eなどのビタミン類、亜鉛や鉄などのミネラルです。

乾燥肌の予防や改善のために、日々の生活の中で食べ物や飲み物を意識することはとても大切です。